乳首や乳輪の色を濃くする確実な1つの方法とは【最新版】

■乳輪周りが気になってプールや海、銭湯にいけない
■友達からバカにされた
■コンプレックスでずっと悩んでいる

もし上記のような悩みがあるなら、幸せになる記事かもしれません!今後の参考にしてみてください!

ここでは下記のことについてまとめています。両方を読むことで悩みが解決できるようになっています。

 

■乳首や乳輪の色を濃くする方法
■乳首や乳輪の色を濃くしてくれる実績のあるお店

 

乳首や乳輪の色を濃くする方法について

乳首や乳輪の色を濃くする方法はニップルアートメイクという手法で濃くしていきます。

 

ニップルアートメイクの参考画像はこちらをクリックしてください←

 

ニップルアートメイクって何??

ニップルアートメイクというのは小さな針を使って色入れて自然な乳首や乳輪を見せる技術です。

色については様々なカラーバリエーションがあるのでカウンセリングで相談しながら理想の色を選択して入れていきます。

 

補足
アートメイクは乳首や乳輪以外にも眉毛やアイライン、唇、頭皮といったヵ所に色を入れることができます。
特に眉毛は人気で一度入れると落ちないことからメイクの時間短縮になります。
小島瑠璃子さんがアートメイクをして話題となりましたね。

痛みはあるの??

針を使って色を入れるって痛いのでは?と思うかもしれませんが塗るタイプの麻酔を使いので痛みを緩和することができます。

ニップルアートメイクの詳しい効果について

 

自分のあった色調を合わせられる
施術時間が1~2時間
ダウンタイムが少ない(個人差あり)

 

基本的にニップルアートメイクは体への負担が少なく、きれいにカモフラージュすることができます。

リスクはある??

リスクとしては皮膚が腫れる、傷跡が残る、色素によりアレルギー反応が起こることがあります。
なので通うお店で十分にカウンセラーの説明を受けて治療をしましょう。

入れ墨とどう違うの??

よくアートメイクと入れ墨は同じでは?と思う方います。

簡単に説明すると、、、

アートメイク

医師免許をもった方が担当する
2〜3年ほどで薄くなる
皮膚の浅いところに色を入れる
麻酔で痛みを緩和

入れ墨

半永久的残る
医師免許をもっていない
皮膚の深いところに色を入れる
痛い

です。

アートメイクでは皮膚の浅い部分に色を入れていくので2〜3年ほどでまたメンテナンスをする必要があります。
入れ墨とは違い半永久的ではないのでいずれ消えることから後々になって後悔することがありません。

ニップルアートメイクの施術方法について

お店によって異なりますが、一般的な流れはこんな感じです。

まずは無料カウンセリングする

理想の乳輪や乳首になるようにカウンセラーの方と入念に色を決めていきます。

乳輪に皮膚麻酔をする

一般的に麻酔クリームを塗って麻酔が効くまで20~30分くらい待ちます。

ニップルアートメイクの施術を行う

乳輪・乳頭に医療用専用の針を使用して色を入れていきます。

クーリング作業

施術部分を冷やして腫れを押さえます。

一般的にニップルアートメイクでは色をなじませるために2週間~1ヶ月ほどの間隔をあけて2~3回施術を行います。

オススメしたいアートメイクのお店

アートメイクをしてくれるお店はたくさんありますが、実績のお店はアートメイクギャラリー一択です。

アートメイクギャラリーは8,000件以上の実績があり世界の最先端の技術を取り入れているので、多数のトップアーティストが在籍しています。

やはり担当する技術力によって、仕上がり具合のよし悪しが左右されるので、しっかりと実績のあるお店で施術をしてもらったほうがいいかと思います。

 

 

■大阪店のアートメイクギャラリーの公式サイトはこちら←

■東京店のアートメイクギャラリーの公式サイトはこちら←

 

 

まとめ

ここまで乳首や乳輪の色を濃くする方法について書いてきました。

今の時代は医療技術によってほとんどのコンプレックスを解決できるようになっています。

ただ初めて治療される方は不安だと思いますので、まずは無料カウンセリングだけでも行ってみて気になることを相談するだけでも価値はあるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました